プロフィール

Author:haru
遊びに来てくれてありがとう!
主婦、時々社会人、北海道の食べ物と自然が大好きな私
haruです。
日々の出来事をつらつらと綴っています。
気まぐれ更新ですが仲良くしてください(^^)/

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

*MY SWEET HOME*
雪国で家を建てました。我が「家」の成長記録と日々の出来事を綴っています♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学芸会と学校祭
akarinの学芸会。

「サウンド オブ ミュージック♪」

ミュージカル仕立てのマリア役。

ダブルキャストでakarinのセリフにはソロの歌はなかったけど(^^;)
2010_0928e_20100929110420.jpg


大きな声で演じてましたよ^^。

こうやって楽しませてくれるのはあと少しなのね、ちょいさびしいわ。


hiyorinの学校祭。

合唱祭では「君と見た海」のピアノ伴奏。
2010_0928a_20100929110420.jpg

クラス全員で朝練をして望んだけど

努力むなしく優勝ならず…。



伴奏者賞をもらっても嬉しくないみたい。。。

そりゃそうだよね。

でもでも

結果は出せなくてもその過程が大事大事。

みんなで頑張った!っていう団結感が得られて万々歳じゃない^^。


ひとつずつ階段を上るように成長していく子供たち。

上るのはしんどいこともあるけど

まわりの見晴らしは確実に良くなっていくから~

だから

ゆっくりでも上り続けましょ。ね。

スポンサーサイト
お月見BBQ
一気に冷え込んできました北海道。

鞍をのせない裸馬に群がる子供たち(笑)
2010_0928b_20100929110420.jpg

子供たちの笑い声が絶えない牧場♪


日が暮れて

お月見と
2010_0928d_20100929110420.jpg

今年最後のBBQ♪

温かい豚汁と中華スープ

柔らかいチャーシュー

ころがりかぼちゃに丸ごとタマネギなどなど

寒い体に美味しかった~♪

暖をとりながらのBBQもホスカンの風物詩。

2010_0928c_20100929110420.jpg




おまけは意味もなく、ウマ人間(笑)
2010_0928gggJPG.jpg

北海道マラソン 2010
今年もkazが北海道マラソンに参戦して参りました。

ちょうど東京から妹のkiepinが来ていたので

エントリーからゴールまでの間kazとは別行動

二人で札幌を観光してきました^^。


妹は初札幌、ということだったので

とりあえずはこちら↓^^。
2010_0904a.jpg

あとは街中をブラブラしてランチを食べて

まったりと過ごし

kazの予定ゴール時間にあわせて沿道で待つこと一時間半(^^;)


今年の気温は30℃を超え、棄権者続出。

私たちの目の前でも

ゴールを目前にして朦朧として歩かれている

女性ランナーがいらっしゃったり。。。



そんな中、ようやく姿が見えたkazは…

かなりのおっさんになって疲れている様子(笑)
2010_0904b.jpg

42,195㎞ お疲れでした~。




それにしてもあの暑さ、そしてその距離を

アンパンマンになって走れる貴殿は凄すぎます。
2010_0904c.jpg


kazは倒れ込むような苦しいゴールだったのに

もう来年の参加も決心してるって。。。

マラソンの魅力だけは理解できないワタシ。。。
夏の展示会
2010_0904g.jpg

三回目の展示会、無事に終わりました~♪

またまたいろ~んな素敵な出会いがありましたよ^^。




一緒に出店されている先輩方々には

いつもいろんな事を教えて頂けます。


ジャンルは違えど

もの作りに対する心意気は皆一緒♪



深~いところで繋がってるってカンジ?^^。


あっという間の三日間でした。



遠い中足を運んで下さったお客さまをはじめ

遊びに寄ってくれた親友達♪

ありがとう~!!!!




今回同じブースでたくさんおしゃべりした翠ちゃんが作ってる

思わずかじりたくなっちゃうくらいかわいい♪無添加石鹸
2010_0904j.jpg

東川のしのぱんさんでも売ってるお野菜とフルーツのコラボジャム♪

お店は雑貨屋さんみたいにかわいいの~♪

ちょびりこ。ジャム研究所さん

店主はワタシ的には薬師丸ヒロコさん。(笑)
2010_0904d.jpg

小樽からはるばるお越しの浅原ガラス製造所さん

ガラスの浮き球、大好き~♪
2010_0904k.jpg

珍しいかわいい材料を

札幌からたっくさん持って来てくれる布袋(きんちゃく)さん

今回は機織り姫に撤してる(笑)
2010_0904h.jpg

お隣のブース

素敵な着物地をお洋服に仕立ててる舞羅庵(ぶらん)さん

みんなちゃんとポーズしてくれるのが楽しい(笑)
2010_0904i.jpg

そして我らが姉さん

札幌の糸やさん、ムーランルージュさん

最終日に写真を撮ったものだからもうすでに品物がない…

すごいですね。。。
2010_0904f.jpg

そして

古布や骨董ならおまかせ

全国を股にかけ活躍されている布遊び&古布屋さん

沖縄の貴重な芭蕉布をつかったかばんを制作中♪

本当に勉強になります!

布やディスプレイの仕方など

手取り足取り教えてくださいました、ありがとうございましたm(_ _)m
2010_0904e.jpg

今回は旭川の此処家さん主催のイベント。

オーナーの吉村さんはとっても個性的で

バイタリティーの溢れた魅力的な方。

会えば元気になれる、そんな女性です^^。


来月は西武百貨店での催事に参加できることになりました!

作りたいアイデアがたくさんあるのだけど…

時間が欲しい!!


五日に終わったこの催事も

今ごろUPしてるって…(^^;)


またお知らせしま~す♪

こちらもカメの更新ですがたまに覗いてみて下さいね^^。
渡辺和子さん
きのうは素敵に年を重ねられていらっしゃる

現ノートルダム清心学園理事長

渡辺和子さんのお話を拝聴することが出来ました。


旭川のいのちの電話開設30周年記念事業だそうで

一般市民にも公開されました。

チケットを早々にゲットしてくれた親友に感謝!!


私は無宗教派ですが

宗教に関係なく、かねがねお噂に伺っていた方のお話を聞けることに

ただただ、もうワクワクしていました♪


83歳というご高齢にもかかわらず

今なお現役で大学の講義を立ったままされていらっしゃる

お元気な姿と優しいそのお声と佇まい

それだけでもう感動!


シスターはあの二・二六事件で殺害された渡辺錠太郎さんの娘さんで

この旭川でお生まれになったそうです。


少女の頃、東京荻窪の自邸で

目の前でお父さまが銃弾に倒れられたことをお話し下さり

歴史の生き証人が今、自分の目の前にこやっていらっしゃることにも衝撃だったのですが

その様子を淡々とお話しされるシスターの

この方の大きさをうかがい知るというか

ただただ本当に凄い人生をおくられている、ということが胸に突き刺さってきました。


入信までのいきさつなど

想像とは違って意外なお話も満載で

さすが日頃は女子大生を相手に講義されていらっしゃるだけあって

その内容も若者に受け入れやすく

時に笑いを織り交ぜながらの

そしてそして、とても深いお話ばかりでした。


自殺してしまった中二の女の子。

日頃から命は大切。と教えてきたのに、と嘆く学校長。


それを大学の講義で話したとき

一人の学生がCMで流れていた一説を教えてくれたそうです。


命は大切

そんな言葉を何千回何万回言われるより

あなたが大切。

そう言って欲しい。。。




いつも

身近な大切な人に

どうかこの言葉

「あなたが大切」と。

そして抱きしめてあげて。



この子はこれしかできない。

ではなくて

この子はこれならできる。

と言ってあげて欲しい。




マザーテレサが来日されたとき

シスターは通訳として働かれたそうです。

その時の逸話。


「もう助からないとわかっていても

薬を飲ませ、手厚い看護をするのはなぜですか?」

と言う質問にマザーは


望まれず  

愛されず

世話をされず 

そういう貧しい人たちが

私たちに最後に残す言葉

それはこの世を恨んだ言葉ではなく

皆必ず、

ありがとう

と言って亡くなっていきます。

その光景はとても美しいのです。

It's beautiful.



カルカッタ(現コルカタ)への使節団としてお手伝いをさせて下さい。

と申し出た方々には

そのお気持ちはとても嬉しい。

でも

飛行機に乗ってカルカッタに来て奉仕するのではなく

どうぞあなたのまわりの身近にあるカルカッタを

幸せにして下さい。




マザーの偉大さがひしひしと伝わってくるお話でした。


私の文章ではシスターのお話のありのままを残すことは出来ないのですが

私のために残しておきたい備忘録ですので

シスター、どうぞお許しを^^。



最後は私にとって一番の救いとなった

シスターのお言葉を残しておきます。



人は挫折をするから人なんです。

挫折をしない人は

人として進歩のないひと。

人とは言えません。




シスターご自身、生い立ちからのお話の中で

劣等感や生まれてきてすみません、という気持ちを

ずっと持って来られていたとおっしゃっていました。

しかしそれを逆手に

今に至るまで生き生きと

たくさんの方の道しるべとして活躍されているお姿。




形や度合いは大きく違えど

私も素敵な年の重ね方をしたい。

そう強く思った一日でありました。


拙い文章、

最後まで読んで下さってありがとう。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。