プロフィール

Author:haru
遊びに来てくれてありがとう!
主婦、時々社会人、北海道の食べ物と自然が大好きな私
haruです。
日々の出来事をつらつらと綴っています。
気まぐれ更新ですが仲良くしてください(^^)/

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

*MY SWEET HOME*
雪国で家を建てました。我が「家」の成長記録と日々の出来事を綴っています♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魚座year
今年は

といってもまだ2月ですが(^_^;)

本当に魚座の勢いを感じています。




1月の異業種交流では

地元の若人達(←いい方古い?)との楽しい出会いに始まって

2月の展示会ではいろんなジャンルの作家さんやお客さんと出逢うことが出来ました。



こんな積極的な自分にもちょっと驚きつつ

自分から動き出していくことで

どんどん世界が広がる楽しさを、只今満喫中。




自分一人では

たくさんの視野を広げることは出来ません。

素敵なご縁に感謝感激の毎日です。



私が憧れるカーテン屋さんのD・ドレープ(ブログ)のオーナーさんにも

おひな様、お節句シーズンにあわせて

amariyaさんの和のアレンジを気に入って頂き

それにちゃっかり便乗して

母の「ちりめんウサギ」もディスプレイとして使ってもらえることになりました^^。

↓「これ、横に倒したらお魚に見えませんか~♪」っておちゃめなオーナーさん♪
ob1002027_s.jpg


usagi.jpg



なぜにこれほどまで嬉しいのかというとね。

彼女は本物のプロですから、お付き合いだからといって

大切なお店に、気に入らないものは飾らないってポリシーをお持ちだと思うからなんです。

だから喜びもひとしお。   ありがとうございます!


お店の片隅に

ちょこんと並ぶ「ちりめんウサギ」を見つけに

ぜひ、お出掛けくださいませ♪



D・ドレープ(HP)さんはカーテン選びにおいて、たくさんの知識と磨かれたセンスで

お客さんの好みを素早くキャッチし、的確なアドバイスをしてくれる

とっても頼れるカーテン屋さんです。


カーテン選びって洋服を選ぶ感覚とはまたひと味もふた味も違って

部屋や家とのトータルバランスも考えなくちゃ、ですよね。

我が家の時も、カーテン選びで舞い上がってしまう私の熱いパッションを

上手にクールダウンさせてくれながら

全体をうまくまとめて下さったことを思い出します。


なにせ我が家は完成間際に相談にいったんでしたよね~。

そしてなにより嬉しかったのは

我が家の少ない予算でも素敵にコーディネイトして下さったこと♪
 過去記事リビングカーテン

あの時はもうホントに完成間近で

時間がない中、無理を言って急いで作ってもらったんですよね。

ありがとうございました!



鮮やかなカーテン生地で仕立てられたコートを颯爽と着こなして

採寸に来られたオーナーさんは私にはとってもまぶしく見えました。


あれから何年か経ち

またこうやってご縁が持てたことに感激しています。。。




さてさて、

彼女からお預かりしたお人形さんに、似合うお洋服も作りたいなぁ~と思いつつ

今年もやってきました、たまりにたまった確定申告ソフトへの打ち込み…(T_T)

なぜにあなたはすぐにやってくる???


ギリギリにならないと重い腰が上がらないのは

我が家の棟梁H氏とおんなじだ~(^_^;)

眠い目をこすりながら、がんばりますぅ~^^。
スポンサーサイト
吉祥寺ロンロン
私の誕生とほぼ同じ時にうまれ


駅ビルとして親しみのある吉祥寺の「ロンロン」が


4月に新しく改装され「アトレ」という名前でデビューするそうです。


なんだか寂しいな~。




遠く離れていると


古里はいつまでも変わらずにいて欲しいと思っちゃうんですね。





でもあちらは都会。


いつまでも変わらずにというわけにはいかないんでしょう。。。


最先端を競ってなんぼの世界ですから


あの中途半端なレトロな感じは今の吉祥にはマッチしないですし。




ロンロンの本屋さん、CD屋さん、スポーツ用品店に化粧品屋さん


洋服屋さんに雑貨店、お肉屋さんにお魚屋さん。


エスカレータ近くのペットショップ。




もう当時の面影はなくなってしまうんですね。さびしいな。









とはいえ



街なかのハーモニカ横町やいせやさん、モナカ屋さんは永久に不滅でしょう^^。








井の頭動物園には子供時代の楽しい思い出が。



井の頭公園には青春時代のすっぱい思い出が…^^。







我が古里よ



永遠なれ!
母、デビュー
母が縫いためたお人形の着物展を


駅前のデパート催事場で開くことになりました^^。


といっても


いろんな手作り作家さんとの共同展示会なので


母の着物を目当てにいらっしゃる方はいないだろう、と


不安と心配と恐怖でありました(^_^;)




今日で3日目終了。


異業種の作家さん達と


和気あいあいとした


ゆる~い感じの展示会でのデビューとなりました^^。






ほぼ飛び入り参加のせいもあり、事前の宣伝もなく


私たちの展示をめがけて来てくださる方はまったくいらっしゃらないのですが


お客様との素敵なご縁があり


二日続けて遊びに来てくださるお客様が三名も!いらっしゃいました~(T_T)嬉しいです~。




お一人はとても価値のある古いお人形を持ってきて見せてくださったり、


お一人はご自分が小さいときに遊んだお人形と一緒に


翌日、車で1時間以上離れた町から再来場してくださって


一番似合うお着物を選んでくださったり。




もうひと方はご自分でお人形を作られていて


その洋風なお人形に似合うお帽子を気に入ってお買い上げくださり


翌日に届く予定の創作人形を見に、また来場して頂くことになったり、と


本当に感動的で素敵な出会いがありました。





この展示会にでてみませんか?と主催者の方に声を掛けて頂いたときは


とっても大きな戸惑いもあったのですが


この土地には馴染みのない、東京から来た母の世界を広げるためにも


今は参加させてもらって本当によかったと感激しています。


もちろん…売り上げはあまり期待はできませんが(^_^;)


でもでも、母の作品を実際に手にとって見て頂くだけの価値は大!でありました。




実際に目で見て頂くことから


始まるご縁もあるんですね。


ひとつ、勉強になりました。






そして今回は滋賀のamariyaさんのお花も


無理にお願いをして一緒に展示させて頂いています♪




彼女のお花があるだけで


どれだけ展示を華やかにしてくれていることか!


本当に感謝ですm(_ _)m


素敵なアレンジに見入って足を止めてくださるお客様のなんと多いこと!


mari先生、本当にありがとう!!










そしてそして、もうひとりのスペシャルサンクスは


京都の創作人形作家の沢木茉昼さんです。


彼女とはかれこれ長いお付き合いをさせて頂いています。


出会いは沢木さんからお声を掛けていただいた事がきっかけなのですが


実はまだ一度も本当にお会いしたことがないのです。





でも、私の中では彼女も大切な「親友」です。




彼女にも本当に無理を言ってお人形さんを送って頂きました。


お体を悪くされなければいいのですが…、とても心配です。






明日、さっそくお着物をきせて展示させて頂きます。


もう、今からワクワクです♪





私のわがままで


お二人には本当にご迷惑をおかけしてしまって心苦しいのですが


この街で


一人でも多くの方に実物を見て、知っていただくことで


お二人に少しでもご恩返しが出来れば、と思っています。









さて


展示会もあさっての5時までとなりました。


明日あさっては


私は仕事と掛け持ちなので


午後からは不慣れな母に売り子さん、頑張ってもらいます^^。



それでもまわりの作家さん達に助けられながら


きっと何とかなるだろう…とのんきな娘、ワタシです^^。




どうか


無事に最終日を迎えられるよう


みなさん応援していてください、よろしくお願いします。。。m(_ _)m





そして


いつにもまして私を支えてくれる家族のみんなに


感謝しています。ありがとう。
金賞オメデトウ!
スティッチ

11日で閉幕した冬まつり。


今年は行けませんでした~。残念(>_<)


というか、寒さに対する気力と体力に自信がなく…(^_^;)






自衛隊のみなさんが何日も掛けて作られた大きな雪像のステージも



翌日には取り壊されるのを見て



とても切ない気持ちになるのは私だけではないと思われます。。。





さて、TOPの画像は


我が家を建てたときお世話になった


設備やさんのセバスチャンhataさんのチームの作品。


見事ですね~。


どうやってこんなに上手に作るんでしょうか???


毎年参加されていらっしゃるとのこと


今年は「金賞」受賞されたそうです!


おめでとうございます!!



いつか


完成までの過程を拝見してみたい♪


でも


でもでも


寒いんだろうな…ポツリ。(^_^;)







来年も金賞目指して頑張ってくださいね!!
手しごと
作りたくて仕方ない


ウズウズ病が発症してしまいました(^_^;)




でもそういうときに生まれるアイデアは


結構いいものが出来るんですよ、ふしぎと。


まぁ、限りなく自己満足ではありますが。。。




私の愛して止まないamariyaさんと


夢のコラボが実現しました♪



今回、母が集めた縮緬の古布などをつかって


ピックを作らせて頂きました。




先生、この度は採用して頂き


誠にありがとうございました。m(_ _)m





私の作った和のピックは小さく小さく


amariyaさんのアレンジを邪魔しないように飾られていますので


お暇な方は探してみてください^^。




そう、題して「ピックを探せ!」


なんちゃって(^_^;)











一つ一つ手仕事で仕上げられていく



mariちゃんのアレンジは本当に見事です。



お得意様のはりモグラさん、そうですよね^^。





期待を裏切らないアレンジをたくさんの方に見て頂きたいです♪


実物はもちろん、もっと素敵なんですよ。





今日もまたすぐに


sold outになっていたら、ごめんなさい。



~フラワーアトリエ amariya~
ob1002029_s[a]

朝青龍
とうとう引退ですね。


小沢さんの一件が薄くなりました。


よくあることなので、またか。。。って感じですけど。



朝青龍ご本人も


本当に悪人なのか、人より少しやんちゃだけなのか


本当のところはわかりません。


私は彼を直接知っているわけではないですからね。


でも、機嫌が悪い時なんて誰にでもあるし


暴言吐いてるところばかり放送され続けたら


どんな人も悪人に見えちゃいますよね。


私は彼のことを好きでも嫌いでもないから、そう感じるのかもしれないけれど。





マスコミの勢いなんてきっと個人の力ではどうにもならないんですね。


ってところがコワイ。


流れてくる情報がどこまで操作されてるのか、


な~んて考え始めたらきりがないけど


結局は直感とか


印象とか


曖昧な個人の判断に頼るしかないのかしら。





せっかく人として生まれたんですから


そういう直感も大切にしたいですね。






今回はさすがに誰もが


朝青龍と小沢さんをガチンコさせたな~!って感じましたでしょ?


一応大人になると


見たくないものもの見えて来ちゃうんですね。




ともかく


テレビや新聞に登場して注目を浴びる方々は


いろんな事を犠牲にしながら働いていらっしゃる。






平凡に生まれたことこそ、幸せなのね。
落花生か大豆か
きのうは節分。


豆まきしました


母宅で(^_^;)





「恵方巻き作ったから食べにくる~?」


のお誘いを断るわけにはいけません^^。





今年の吉方角は「西南西」だそうで


一本はさすがに完食できる自信がないので


とりあえず、半分。





そのあと、akarinがはりきって豆まきを。


北海道は落花生なんですね~。


こちらに来てから知りました。


あと恵方巻きも。





東京にいる頃は


豆まきと言えば


煎り大豆と鰯と柊。





高尾山の豆まきの様子がTVで放映されていたけれど


あんな感じです。






でも家中にまいたあと、拾うのが大変。


その点、落花生は拾うのがラクチン♪


しかも大豆と違って見つけやすい!




でも…




剥かなきゃならない作業と


剥いた後の甘皮のゴミがやっかいなのね。。。





どっちもどっちか?





一応両方買ってみたものの


今年は落花生になりました^^。





鰯もたまに食べるとおいしく感じるから、ふしぎ。




これで今年も


悪い鬼はよってこないことでしょう。





あなたのお宅の豆まきは、どっち??
正直なカラダ
去年


思ってもいなかった言葉を投げかけられてから


そのとげが時間と共にようやく柔らかくなり始めて


私の中でひとつの区切りが出来た頃


私の胸の奥深くにあったつかえを


解放してくれる出来事がありました。




なんど話そうと思って


やっぱり話さずにいたことも


すんなりと話せることができるきっかけを作ってくれた親友。


彼女のおかげでやっと


つれあいのkazにも


私の心の棘の訳を吐露することが出来ました。





もっと早くに話しておけば良かったと


今となってみればやっぱり後悔しちゃいますが


自分だけの胸で悩むことも


いまするべき必要な体験だったんだと


今は感謝の気持ちすら持てています。








悩んでいることすらない、と


決め込んでいたものの


今考えると


あの棘が刺さったあと



私は外に出るのもマスクをしないといけないくらい



ひどい湿疹が顔いっぱいに出ていました。



皮膚科に通って



落ち着いてはまたひどくなって。






体の不調の原因がはっきりしないので


まわりの人にはたくさんの心配を掛けてしまいました。


ストレスか?何かのせい?


ヨガの先生には


何か気が重くなってることがあるんじゃないの?


とか


kazは多くの奥さんのストレスは


旦那さんにあると職場で聞いたらしく


オレに何か原因あるんじゃないの?とか。





でもその時は本当に



自分でもふしぎなくらい



悩みのある自覚がなかったのです。






今思うと


そのとき私のカラダは


まわりの人に話した方がいいのか


それともこのまま話さずに私の胸だけにしまっておいた方がいいのか


深いところで悩んでいた気持ちに敏感に反応して


顔の湿疹としてあらわれていたんだと気づきました。






きのう


お風呂で


そうだったんだ…。って気付いた私は



自分のカラダが今までこんな風に感じたことがないくらい



とても愛おしく思えました。



湯船の中で



ごめんね、と私のカラダに謝りました。








病は気から。


とは本当に良く言ったものです。




カラダは正直もの。



これぞ、「一心一体」(いっしんいったい)^^。



日頃ご自分のカラダを粗末にされてる方には



今日はお風呂でありがとうって



いいながらキレイにしてあげてくださいね♪













私の心の棘が


あたたかく解けていくのを


いま、感じています。
幸せな花嫁
kazが同僚の方の結婚式にお呼ばれしました。


いつもは特別感想もなく


淡々と帰ってくるのですが


この度は


たいそう感動しての帰宅でありました。



やはり



花嫁から親御さんにむけた感謝の作文に^^。



「ケンカして頭に来たとき、


く○ば○ー、とかひどいこと言ってごめんなさい。


自分の中の不満を、そうやってぶつけてしまったこと、本当にごめんなさい。


家計に余裕がなくても私立の高校に通わせてくれて


栄養士になるために短大にも通わせてくれて


本当にありがとうございました。…… 」  



という感じのものだったそうです。



そういう気持ちで嫁いでいける幸せな花嫁さん。



そういう気持ちを持った花嫁さんを射止めた幸せな花婿さん。



どうぞ、末永くお幸せに。。。








kazは自分の身に置き換えながら作文を聞いていたんでしょう。




なんてったって




ただいま我が家には暴言吐きたい放題の娘がおりますから~~~(T_T)






だから



きっと



時がくれば自然と感謝の気持ちを持ってくれるときがくるって。




という私たちの結論に達しました^^。






そういう自分だって、親にはさんざん暴言吐いてたみたいだしぃ~(^_^;)










感謝されるために育てているわけじゃないけど



感謝の気持ちを持てる人に育ってくださいな。









おっと




その前に






お願いだからお嫁に行けるように、育ってちょうだい(^_^;)

hizashi.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。