プロフィール

haru

Author:haru
遊びに来てくれてありがとう!
主婦、時々社会人、北海道の食べ物と自然が大好きな私
haruです。
日々の出来事をつらつらと綴っています。
気まぐれ更新ですが仲良くしてください(^^)/

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

*MY SWEET HOME*
雪国で家を建てました。我が「家」の成長記録と日々の出来事を綴っています♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12年に一度
魚座にとって今年は大幸運期なんだそうです!


良いことは、素直に嬉しい^^。





家族ではakarinも魚座♪




そして



そんな魚座にさらなる幸運を呼ぶ場所は…



「牧場」だって~☆



それを聞いて



さらにお馬に熱を上げそうなakarinであります^^。
yukimamire.jpg

スポンサーサイト
生きている言葉
大橋鎮子さんのエッセイにこんな一文がありました。

~以下抜粋~

<ことばって、ふしぎな生きものだと思うのです。
 ふだんは、まるで空気のような何の考えもなく口にしているものなのに
 いったん何かのはずみにことばについて考え始めたら最後、
 空気どころかそれがまるで亜硫酸ガスか、一酸化炭素ほどに悪いものに思えたりします。

 たいていの場合、ことばをこんなふうに考えるというのは
 ことばに優しくいたわれたときにではなく、
 ことばの棘に刺されたときのようで、悲しいときです。

 ものは言いよう、とは、よくぞ昔の人は教えたものと
 しみじみ思うのも、そんなときです。
 なにも、そんないいようをしなくても、もしこう言ってもらったらよかったのに、
 と人から刺された刺を、じぶんでやわらげて言いなおしながら、
 その棘を抜くことができるまでには、しかし、相当に年季がいることだと思います。
 
 ことばは、自分の気持ちをわかってもらうための大切な手だてですが、
 もう一歩、深く考えてみたら、ことばは「自分そのもの」ではないか、とさえ思えます。
 そう考えてくると、ことばはやはり、「生きもの」だと思えてなりません。>

~抜粋ここまで~





思ってもいなかった展開で


人から投げ掛けられた言葉を


ずいぶんとマイナスに引きずっている自分に気づきました。





というか


落ち込んでいる自分は自分じゃないと思い込ませて


気づかないように今まで自己防衛していたのかもしれません。





元はといえば、自分が未熟で思慮、配慮に欠けていたことが原因なので


その方を責める気持ちよりも


自己嫌悪に陥る気持ちが強く


思い出すと悲しい気持ちになったり。。。




ことばは


そのことばを発するその人そのもの。


大切に使わなくてはいけない、ですね。




自分の体験を通して学べたことに、感謝。

2tou.jpg
新年
puri.jpg

明けてからだいぶ経ってしまいました。。。


更新サボりすぎです、反省。


今年もきっとこんな調子だと思われますが


どうぞよろしくお願い致します。m(_ _)m




TOPのお正月飾りはamariyaさん作。


彼女のアレンジは


私をほんわかな気分にしてくれます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。