プロフィール

Author:haru
遊びに来てくれてありがとう!
主婦、時々社会人、北海道の食べ物と自然が大好きな私
haruです。
日々の出来事をつらつらと綴っています。
気まぐれ更新ですが仲良くしてください(^^)/

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

*MY SWEET HOME*
雪国で家を建てました。我が「家」の成長記録と日々の出来事を綴っています♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おそいバレンタイン
kazが長い出張からようやく帰ってきたのでチョコケーキをプレゼント♪
なんだかakarinのほうが嬉しそう(^^;)
20070222111138.jpg


「なんちゃってマドレーヌ」も焼いてみました^^。
20070222103315.jpg

何が足りないかというと・・・
マドレーヌにはレモンの皮をすりおろしたものを入れるそうですが
無かったのでアーモンドをくだいて入れてみました。
やっぱり少し物足りない・・・買いに行けばよかったf(^_^;)

ちょっぴりよそ行きにしてご近所のお友達のお誘いに持参しました。
20070222103322.jpg

いつもの楽しいおしゃべりはホントにあっという間で・・・^^。
そのあと介護教室に行ってきました。

今回は市内でデイサービスセンターをされている
社会福祉士の三宅さんのお話を聞くことができました。

私はデイサービスなどは病院や医療法人などの付属機関でしか
行われていないと思っていたので
三宅さんのようにこぢんまりと家族的な雰囲気の中で
ひとりひとりに合ったサービスを心掛けてくれるセンターがあるんだ!
と、はじめて知ることができました。

・家に帰りたいと思うことは普通のこと
・デイサービスに行くと言うことが家族の都合であってはならない。
(もちろん介護者の負担を軽減する目的も大切)などなど・・・

三宅さんは介護される側にたって考えて下さっているのがとてもよくわかりました。
それを「仕事だからできるんですよ^^」とおっしゃる謙虚な
さりげない気遣いができるとても素敵な方でした。

福祉の仕事をされているお仲間が
「特別老人養護施設の常識は普通の生活の非常識だ。」
とおっしゃったそうです。
それは私たち一般人にはわかりにくいことですが
どんな立派な特老でもひとりひとりに合った介護をするには限界がある
と言うことだと思いました。

私の父も今東京で通っているデイサービスに行きたがらないようです。
もしデイサービスを利用しなくなったらメイン介護者である母の気の休まるときがありませんよね。
父が喜んで通えるサービスセンターが見つかるといいんだけどな・・・
こちらに来て少し落ち着いたら、父を連れて見学に行こうと思っています。

またまた勉強になった一日でありました(^-^)



スポンサーサイト
ワクワクさん
akarinの好きな番組「つくってあそぼ♪」

ひとりでテレビを見ながら同時進行で作って遊んでいます。

とっても楽しそう^^。

今回のお題は円錐形を作ってつくる「ねずみ」だったよう。

一緒に見ていないので完成見本がどんなのかはわかりませんが
ちゃんとネズミに見えますね~。

切ったり貼ったり、どんどん遊べ♪
20070222103334.jpg





介護教室
先日はakarinを延長保育にお願いして
市主催の介護教室に出掛けてきました。

いつか東京の父がこちらに来たときのために、と乏しい知識を蓄えに行ってきました^^。

今日のテーマは「認知症を知る」でした。
神経科の小野正宏先生が
人間の脳の仕組みについてわかりやすく教えて下さいました。

私の父は脳梗塞で左半身麻痺・失語症に加え、認知症とも診断されていますから
これらが進行していく過程がなんとな~くですが、わかりました。

「シナプス」「アドレナリン」「ドーパミン」・・・などなど
どこかで聞いたようなないような。。。(^^;)

先生の所にはうつ症状で来院されて認知症と
診断されることも少なくないそうです。
そうなんだ~~~と色々勉強になりました。

女性では特に料理ができなくなったり
買い物に行って同じものを買ってきてしまったり
家事がスムースにできなくなることで
まわりの家族が気づくことが多いそうです。

85歳以上では3割近くの方が認知症だということで
自分がもし長生きしても家族やまわりに
迷惑をかけてしまうのもなんだかな~。。。
って思ったり。。。

何か良い治療法が見つかるといいんですけれど。

先生のお話のあと
実際に介護されている方の話を伺うことができました。

ご自分のお父様やお母様、
まだ50代の旦那さん。

みなさんのお話を伺うと、愛する家族のために一生懸命です。
きっとご本人たちは一生懸命だなんて思っていないのでしょうが
私はお話を聞いていて介護される側はもちろんなんですが
介護「している」方たちのケアがもっとあってもいいのでは!と思いました。

もちろん介護保険で利用できるサービスをうけ
介護の負担は多少軽減されてはいるのでしょうが
もっと介護をしている人たちが互いの経験や思うこと日頃の苦労話など
気軽に話し合える場があったらいいのに。。。
同じような苦労をしている人がいてくれると思うだけで救われる気がするのは?と思うのです。

先日、80代のご夫婦がお風呂場で亡くなっていたという悲しいニュースがありました。
奥様は認知症だったそうです。

人生の最期がこんな悲しいおわりかたをするなんて。

たとえ何もしてくれなくても
気にかけてくれる人がいるだけで人は強くなれる気がします。
それは血がつながった家族でなくてもなれますよね。

そんなことを思っている人がたくさんいるはず。
そういう暖かい人間味のある血の通った福祉が我が町にもあったらいいな。
そう、思いました。

あと2回、勉強会が開かれます。
チャンスがあったら私のこんな意見が述べられるといいんだど・・・。
私が言いたいことちゃんと皆さんに伝わるか自信もないんだけどね(^^;)

私もまだまだ勉強することがいっぱいあるんだ!と学んだ一日でありました。
園舎落成式
昨日は幼稚園の園舎落成式がありました。

akarinはあと少しで卒園なので
残念ながら新園舎で過ごせるのはあと残りほんの数ヶ月ですが・・・(^^;)

南側が窓一面の明るく暖かい新園舎。
スキーウェアを乾かす暖房室や泥んこを洗い流せるシャワー室もあります。

考えに考えぬかれた新園舎の完成、本当におめでとうございます!(^O^)/

感激屋さんのjunko(園長)先生は式辞の初めからすでに感極まっていました^^。

園児たちのドボルザーク「新世界」とビゼー「カルメン」演奏のあとに
記念演奏として拓大短大の土門裕之先生が「もののけ姫」をピアノ演奏して下さいました。
作曲者の久石譲さんとは以前お仕事を一緒にしていたお知り合いだそうです。(知らなかったよ~^^)

園児たちが演奏した曲の編曲などいつもお世話になっている土門先生は園歌の作曲者でもあります。
とても元気のあるそして大きく広がるような曲で私は大好きです。。。

残り少なくなった末っ子の幼稚園生活を私も思う存分楽しませてもらわなくては^^。

クラス看板もついていました♪
20070211113412.jpg
20070211113357.jpg
20070211113343.jpg
20070211113406.jpg

廊下の柱にはかわいい鏡♪
20070211113235.jpg
20070211113241.jpg

父母の会から贈られた玄関と図書室のモビールたち。
KEN工房・煙山泰子さんの作品です。
20070211113332.jpg

20070211113250.jpg

幼稚園には大人の私もついつい手にして遊びたくなる木のおもちゃがたくさん^^。
20070211113221.jpg
20070211113229.jpg
20070211113614.jpg

上から玉を転がすと「カラカラ」と音を立てながらおちてくるおもちゃ。
20070211113631.jpg

そしてそして・・・
木の小さなパーツのブロックで作るお城は圧巻です。
いつかまた作ってくれるかな。。。
その時は是非UPしたいと思います(^-^)
ご指名
再来週はakarin幼稚園最後の生活発表会。
ほし組さんは「かさじぞう」。

そしてakarinの役は「おばあさん」。
他のお友達はそれぞれがなりたい役を選ぶのですが
「おばあさん」役はどうしてもakarinに!とakane先生に頼まれたそうです。
かわいいどころの「雪ん子」じゃないんだぁ~・・・
でも私も実はピッタリな役柄だと思う^^。

先生の熱い期待に応えていい演技を頼みますよ!akarinばあさん♪
a.jpg


カメラを向けるといろいろやってくれるからおもしろい^^。
「ぐび生」飲もっ♪とか^^。
真奈美チャンではなくおばあチャンですが・・・(^^;)
c.jpg
d.jpg
b.jpg

今日も朝からがぶっと食べて元気に行こう♪
それでいいのダ
4月の発表会に向けてヒートアップしてきたhiyorinのバレエ。

先週に引き続き、きのうも帰りの車に乗った途端に大泣き(T_T)

泣け~!泣くんだhiyorinn!!
その悔しさをバネに伸びるんだぞ~~!

ひとしきり泣いたあと
家に着く頃には落ち着いて。。。と、いつものパターン^^。

当日に近づくにつれ
練習量も精神的な余裕もなくなってくると
かなり追いつめられてくる感じは毎度のことではありますが。

こんな緊張感を持てるのはすごいことなんだよ。

逃げたくなるけど逃げることもできず今の自分に向き合う。

そんな貴重な試練と闘っている娘を見て
母も負けずに闘うのである!

へなちょこになりそうな苗木を支える太い支え木になるよ。

涙した分だけ
いつか君の力になるんだよ。

ここが頑張りどころ。


私も自分に言い聞かせて。
20070207130529.jpg

板チョコ・ブーム
ブームとは言っても我が家限定ですが・・・(^^;)

akarinがサンタさんにもらった
「チャーリーとチョコレート工場」を映てから我が家は板チョコばやり^^。
20070202174959.jpg

↑なぜにmori○○かと言えば。。。
ベルマークが付いているから・・・それだけです^^。

娘たちはチョコレートと言えばキットカットやチョコパイみたいに
チョコ菓子の方がスキだったのに・・・

板チョコはお菓子やチョコレートを作ったりするときにしか買わなかったくせに
hiyorinいわく
「板チョコってこんなに美味しかったんだ~♪」だって。
板チョコ丸かじりするからさらにおいしく感じるのかもね^^。

そうこうしているうちにバレンタインがやってきますね

去年は棟梁チームにチョコケーキを作ったけど
今年はkazも出張中でいないし、出番なしかな??

そういえば。。。
ペコちゃん、どうなっちゃうんでしょうか。
あのペコ・ポコちゃんにまさかこんなコトが起きるなんて!!

パラソルチョコにえんぴつチョコも好きだったんだけどなぁ・・・
「信用」ってとっても大事なのに大きなものを無くしちゃいましたね。
ヤマザキぱんまんが助けてくれるのかしら。。。
ペコ・ポコちゃんがこれからどうなっちゃうのかすごく心配。



カタチからはいる
鍋を新調しました~^^。
am.jpg


これでなかなか作らなかった天ぷらが作れるよ^^。
この鍋で揚げ物をするときはフタをするんですよ。
と言うことは~=油がはねない!
しかも少ない油で揚げられる!!
ひとつの鍋で同時に2品作れたり♪

などなど・・・
ものぐさ主婦にはもってこいの鍋でありました^^。
なかなか思いきりも必要だったケドね・・・(^^ゞ

主婦には「カタチからはいる」コトも必要なのねん♪

あれも作りたいコレも作りたいと
頭の中ではい~ろいろあるんですが
どうか宝の持ち腐れにならないように!と祈っていてくださいマシシ(^-^)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。