プロフィール

haru

Author:haru
遊びに来てくれてありがとう!
主婦、時々社会人、北海道の食べ物と自然が大好きな私
haruです。
日々の出来事をつらつらと綴っています。
気まぐれ更新ですが仲良くしてください(^^)/

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

*MY SWEET HOME*
雪国で家を建てました。我が「家」の成長記録と日々の出来事を綴っています♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

間取りと外観
ほぼ確定しました我が家の間取りです。
10回目の訂正版です。頭使って悩みました~~(^-^)
パソコンスペースや私の作業机などオープンなつくりにしました。
部屋にこもって向かうのではなく家族の気配を感じながら。。。
ただしいつも片付いていないとダメダメですね。(^^;)

窓の位置など、まだもう少し検討カ所があるのですが。。。
ウッドデッキ。。。私はつけたいんだけどなぁ。。。

北国ならではの「食品庫」をつけました。
冬のみ力を発揮する冷蔵庫のようなものです。
ジャガイモやタマネギ、漬け物などを低温保存してくれます。
なにがスゴイかって、電気代がかからない、とってもエコな保冷庫なんですよ。
夏はフツーの物置場となりますが。。。

寝室にステンパイプ・・・?冬場の物干しです。
UTのホシ姫さまだけでは干しきれない我が家の洗濯物って。。。
何かいい案はありませんでしょうか。。。


[READ MORE...]
スポンサーサイト
つぶやきharu~
今日は建築日記ではなくて
私の小さなつぶやきです。*(u_u)*
[READ MORE...]
雪国仕様
今日は雪国ならではの仕様についてお話します。

その① 無落雪三角屋根
私たちははじめ、外観は四角いキュービックな外観にしようと考えていました。
なぜかというと、「雪」の問題です。
三角屋根にするからにはどんなに雪が落ちてもへっちゃら!
なくらい余裕のある敷地が必要なこと。
それから落ちてきた雪の排雪のことも考えなくてはなりません。
無落雪=キュービック、という固定観念がありました。
でも○○組さんのモデルハウス(もう売れてしまってたんですが)で
初めて無落雪で三角屋根というのがあるのを知りました。
それから私たちは三角屋根ひと筋になりました。(笑)

これはアメリカのパブコ社製で
アメリカでは30年の保証が付くそうです。
残念ながら日本では10年保証しか付かないみたいですが。。。
実物は目の粗いアスファルトみたいな物で
それを瓦のように屋根に貼り付けていくようです。
色は4種類くらい。遠目に見ると薄い瓦のように見えます。

雪庇(←これわかりませんよね。屋根に出来る雪の出っ張りです)
が出たら多少つついて落とすこともあるかもしれません。
と言われましたが、陽が当たる家でしたらまず大丈夫だそうです。

この屋根材を使うことで、憧れの三角屋根に住めそうです。

その② 雨樋
え~~?雨樋?って普通あるでしょ。。。
と思われるかもしれませんが
北海道では瓦屋根と同じくらい(ちょっと言い過ぎかな)見かけない物なんですよ。
なぜでしょ。。。
たぶんかなりの低温に耐えうる物がなかったからだと思います。
北米、カナダで45年の実績がある「プラストモ雨樋」は
-40℃でもへっちゃらだそうです。
外壁や基礎のためにも雨樋はあった方がいいですよね。
なにより雪解け時期のポタポタから解放されるのがイイですね♪
これはリッチベンツ採用の高・高住宅のみ使える物のようです。
わかりやすく言うと「つらら」の出来る住宅には使えない
と言うことだと思います。

本日の雪国仕様はこれまでです。
ぱーとⅡもどうぞお楽しみに。。。って雪国じゃない方は
あまり興味ないですよね。失礼しました。(^^;)

でもそうおっしゃらず、またよろしくお付き合い下さいませ。(^-^)
欠陥住宅を建てさせないために
きのうは「欠陥住宅を考える会」の勉強会で
代表の黒田さんのお話を聴きに行ってきました。
ご自身の被害にあわれた話や裁判で負けてしまった話など
この会が立ち上がるまでの経緯を知るとともに
国は何も手だてを打ってくれない
だから自分たちが賢くなって欠陥住宅を建てさせないようにしなくてはならないんだ
ということがわかりました。

雪国では特に結露が家にとって大きなダメージとなります。
その温熱環境(←この言葉自体を知らない業者さんが多いそうです)を
うまくコントロールできない、技術のない業者には
良い家は建てることができないそうです。

外国のように、100年200年たってこそ価値のある
そんな夢の住宅が日本でも建てられるようになるといいですね。
日本では逆に年が経つほど住宅の価値は下がっていきますもんね。(T_T)

営業さんがとても良くて信頼のおける人だから
そのメーカーに決めた、という方がたくさんいらっしゃいます。
黒田さんもおっしゃていましたが
無愛想でも技術があったビルダーの方がいい。。。ですよね。

これから建てられる方、好みはいろいろでいいと思いますが
みなさんが欠陥に泣かされないためにも
ご自身が勉強(とは言っても難しいものではありませんよ)して
いろんな情報を得ることは大切なことだと思います。

知り合いがミ○ワさんで建て始めたのですが
どうも不具合が出始めたようで悩んでおられます。
ミ○ワさんが悪いとかではなくて
ご自身が事前にもっとたくさんの情報を得ていれば
今とは違う道を歩いていたかもしれない、そんな思いがしています。

おおきなHMだから安心、ではなくて
ご自身の目と耳と五感を働かせて
是非良い家をみなさんにも建てて欲しいと強く思いました。

温熱環境についてきちんと答えられる業者さんならイイ感じですよ。
もし、知らなかったら勉強してもらってください。
高気密・高断熱を語る業者さんなら知っていてもおかしくはないのでしょうか。。。

我が身は我が身で守る、くらいの意気込みがないと
この国では生きていけないかもしれないと感じました。
いえリンクでも話題になっているクレゾール事件もひどいですよね。
そんな被害にあわないために転ばぬ先の杖、
情報を集めることは大事です。

でも結構楽しいですよ。知らなかったことを知るのも。
それに「いい家」につながる知識です。
誰だって「いい家」に住みたいですもんね^^。

余談になりますが
御歳80歳の黒田さんはお話ししている1時間半
ず~っと立ちっぱなしでした!すごいですね。
そしてそして、この秋三回目の家を建てるそうです。すごすぎるぅ~!!
どんな素敵な家ができるのか、興味津々であります。
「欠陥住宅を考える会」http://www.ieie.info/index.html
はホントに非営利の勉強会です。
札幌・旭川方面で新築・リフォームをお考えの方
一度参加されてみてはいかがでしょうか。。。
本格始動♪
あれこれと悩んだ私たちですが
ようやく決まりました。
○○○さんに♪

あれあれれれ~~~と思われるかもしれませんが
つまるところ、予算かなりオーバーの○○ホームさんは
いくらがんばっても無理です。(>_<)

間取りプランも○○○さんの方がバッチリ!だったですしね。
気持ちの切り替えが早い私たちっ(^-^)

さて、工務店さんが決まった私たちは
お電話でそれをお伝えしたのですが
なんだか少しビミョーな「間」があったそうなんです。
「ウチで建ててもらわなくても。。。」みたいな。
ど~して~~~~????
と思いつつ、昨日打ち合わせに来てもらいました。

○○○さんの社長さんは
すでに私たちが○○ホームさんからQ1プロジェクトの提案を
受けていることを知っていて
多少の予算の違いなら○○ホームさんに建ててもらった方がいいと
思っていたようです。。。
(それにしても欲がないというか、人のいい社長さんです。。。)
○○○さんと○○ホームさんは会社ぐるみのお付き合いがあるらしく
○○ホームさんに少し気を使われたのかもしれません。

で、私たちは正直な気持ちの流れをお話しして
結局の所、○○ホームさんは予算から大きくはみ出してしまうのと
○○○さんの間取りプランがバッチリ!
なので○○○さんに決めました。とお話しすると
そこまで金額が変わるなら、あえてQ1にこだわる必要もないですね。
と納得してくださいました。

ふぅ~。。。

ホントは社長さんがもっと喜んでくれる♪
なんて思っていた私たちはちょっとがっかり・・・(^_^;)

私たちってイヤな客なのかな~、
なんてkazと話していたりしましたが
そうではなかったみたい(たぶん・・・^^;)
なので少しホットしました^^。

でも今考えてみると、私の中では
○○○さんの看板を見たときに感じたあのインスピレーションは
ちょっとコワイくらいに的中しました。
○○ホームさんに決めかけていたときは
やっぱり私の思い過ごしだったな~って思ったんですが
結局は○○○さんになりましたからね。
人には目に見えない力がホントにあるかもしれない。。。
と感じた出来事でもありました。(ちょっとスピリチュアルな世界?)

工務店を決めていよいよ本格的に始まったプランニングですが
あとは工事が始まってからの微調整になることと思われます。
今年中の入居はあきらめざるを得ず。。。(T_T)
でも年内に基礎ができればそれで家を建てたことになるそうなので、ちょっと安心。
10月に地鎮祭をして、来年の2月か3月に引越です。
外装は雪が融けてから、完成は6月頃かな。

長~い工期になりますが、皆さまどうぞよろしくお付き合い下さいませ(^-^)
やってきました最終見積もり
昨日、○○ホームさんの見積もりがやっとこあがってきました。
待ちに待った見積もりでしたが、な、なんと
とんでもない金額が出され、kazとふたりで唖然としてしまいました。
↑もちろんため息まじり。。。

なんだかQ1プロジェクトにした旨みがなくなり、
3種換気ではなく1種になったり、同時に金額面でもコストアップになっていたり。。。
一気にトーンダウンしてしまった私たちです。。。

この見積もりが出るまで返事をお待たせしてしまった○○○の社長さん、すみませんでした。。。

合い見積もりをしていることをご存じで
それでもちゃんと私たちが返事をするまで待っていてくれました。

これで○○○さんに、心おきなくお願いすることになるのかな。
ほとんど同じ仕様なのになぁ。。。○○ホームさん、残念!!
今日kazが帰ってきてから最終決断をいたします。

ジグザグ歩行をしている私たちですが
どうぞ呆れず見守ってやっててくださいね~ m(u_u)mペコリ
Dさん、おめでとう!
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

家具
今使っている家具はそのまま新居にもお引っ越しするので
間取りプランを考える中で
この家具たちの置き所もあらかじめ考えておかなくてはなりません。

洋ダンス×2 →1Fクローゼット
桐箪笥 →2F和室タンス専用置き場
子供ダンス →UT
食器棚 →ダイニング
パソコンデスク →LD
学習机×2 →子供室
ドレッサー →寝室
ピアノ →2Fホール

大きなものはこれくらいでしょうか。。。
気の早い私たちは、

ソファー(Hugo)
ダイニングテーブル&イス(飛騨産業)
ベット(simons)
すでに買ってしまいました。。。

一目惚れしちゃったんです。。。(^^;)

家が建たなかったらどうするの~!?って感じですよね。。。
2社のプラン
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

我が家のこだわり
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

欠陥住宅を考える会
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

ビルダーさん選び
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

地主になる
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

土地決定!
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

土地探し
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。